―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第0057号 <2006.8.24>
 
当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(office@j-sip.org)までお寄せください。

[[[[ ヘッドライン ]]]]
――――――――――――――――――――――――
1.第6回福岡アジア国際会議の開催についてご案内
             福岡県企画振興部企画調整課 企画主幹 小山 英隆
――――――――――――――――――――――――

 「第6回福岡アジア国際会議:成長するアジアの課題と地域連携方策」が下記のと
おり開催されます。現在、その聴講者を募集中です。(参加無料、日英同時通訳あ
り)
 今回は、基調講演のほか、自動車産業、環境問題、高度人材育成の3つをテーマ
に、アジア・欧米の研究者を多数招き、アジアの課題と今後の方向性が議論されま
す。

1 主 催  福岡県、福岡市、福岡アジア国際会議実行委員会
2 期 日
    平成18年9月6日(水)9:30〜17:30
             9月7日(木)9:30〜15:00
3 会 場 
  ホテル日航福岡(福岡市博多区博多駅前2丁目18−25)
4 内 容  
 9月6日
 第1部 基調講演
  日本 「東アジアの政治的課題と日本」国際教養大学理事長・学長 中嶋嶺雄
  米国 「東西逆転とその影響」経済戦略研究所(米国)所長 
      クライド・プレストウィッツ
 第2部 パネルディスカッション
 
@「アジアの戦略的産業育成〜自動車産業の今後」
  コーディネーター:清水 一史(九州大学大学院経済学研究院教授)
  冒頭スピーチ:牛山 雄造(トヨタ自動車株式会社常務役員)
  討論者:レイモンド・アジェ(戦略国際研究センター(インドネシア)経済部
長)
   グオ・チエンリ(中国汽車技術研究中心汽車技術情報研究所 高級工程師)
   ヨルン・ケック(ヨーロッパ・アジア研究所上級アドバイザー、元EU駐日大
使)    
   アーリンダ・メダラ(フィリピン開発問題研究所リサーチフェロー)
   ニポン・ポアポンサクルン(タイ開発研究所上級顧問)
 
A「経済発展に伴う環境問題〜開発と環境の調和」
  コーディネーター:野田 順康(国連ハビタット福岡事務所特別顧問)
  討論者:谷口 守(岡山大学大学院環境学研究科教授)
   リー・ポーオン(東南アジア研究所(シンガポール)フェロー)
   シ・ユーロン(国家発展改革委員会 国土開発・地区経済研究所(中国)研究
員)
   キム・ウォンバエ(国土研究院(韓国)上席フェロー)
   ヴ・スアン・グエット・ホン(経済中央研究所経営科学部部長)
 9月7日
 第2部 パネルディスカッション(続き)
 
B「経済発展を支える高度人材の育成と活用」
  コーディネーター:谷川 徹(九州大学知的財産本部副本部長)
  討論者:ビジャヤクマリ・カナパシー(マレーシア戦略国際問題研究所上級アナ
リスト)
   リン・シンウ(台湾経済研究院第三研究所所長)
   角南 篤(政策研究大学院大学助教授)
   トー・ムンヘン(シンガポール国立大学準教授)
   キム・ジス(韓国科学技術院教授)
 第3部 ラウンドテーブル
  「地域への提言〜九州・福岡の取り組み」
  コーディネーター:山下 彰一((財)国際東アジア研究センター所長)
  参加者:各コーディネーターおよびパネリスト全員

5 申し込み方法
 氏名、住所、電話番号を明記のうえ、電話、FAX、Eメール、郵便により、下記申し
込み先までお申し込みください。
 申し込み先
 【福岡アジア国際会議実行委員会事務局】
  〒812-8577 福岡市博多区東公園7−7(福岡県企画振興部企画調整課内)
  TEL:092−643−3159  FAX:092−643−3160
  Eメール:asif-fko@joho-fukuoka.or.jp

 会議の詳細は、福岡アジア国際会議ホームページでご覧ください。
  http://www.joho-fukuoka.or.jp/kigyo/asif-fko/