―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メイルニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第0045号 <2005.8.31>

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
第2回 学術シンポジウムのお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――  
 
 第2号の本学会論文集発行に合わせて、第2回の学術シンポジウムを開催致しま
す。本学会が生んで来た、様々な論考や考察、調査報告等をご覧戴くと共に、産学
連携の今後を考える刺激になれば幸いです。プラットフォームとしての学会らしく、
次々と論考や考察が連鎖反応を起こし、大きな起爆力を持って行ければなお幸い
です。
知的価値社会の中で、知財立国を目指すべき日本の知的生産をどう構築するか?
このたびは知の生産拠点にウェイトを置きながら、産学連携・知財戦略推進を考えて
行きたいと思います。

                        記

日時:2005年10月6日(木)・13:30〜16:30  
場所:学術総合センター(竹橋)  (〒101-0003千代田区一ツ橋2-1-2)
後援:経済産業省、文部科学省

次第:
                                   司会進行:湯本長伯(九州大学)
1)主催者挨拶  産学連携学会会長 荒磯恒久(北海道大学)
2)基調講演−1 荒井寿光(内閣官房知的財産戦略本部・事務局長)
(30分) 「知財立国・日本の基本戦略と課題」
3)基調講演−2 清成忠男(日本ベンチャー学会前会長・特別顧問、
法政大学前総長)(30分) 「国立大学法人化の衝撃と私大の挑戦」
4)基調講演−3 梶山千里(九州大学総長)             
(30分) 「我が国の大学危機と国立大学の挑戦」
5)コメント   山野井昭雄(味の素顧問)    (予定)
(20分)
「産業界から見た日本の産学連携と知の拠点構築、大学の問題点など」(仮題)
6)パネルディスカッション「知財立国・日本の知的生産をどう構築するか?
大学はいま?」
(60分)  荒井寿光  清成忠男  梶山千里  荒磯恒久  
 (いずれも前掲)


連絡先:産学連携学会 事務局
Tel: 03-5953-8575
  Fax: 011-706-7306
Email: office@j-sip.org