■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■

――――――――――――――
産学連携学会メイルニュース
――――――――――――――
J-SIP Mail News
――――――――――――――
発行:産学連携学会(編集WG)
――――――――――――――
第0022号 <2004. 5. 7>

――――――――――――――


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.産学連携学会大会・中間報告
2.大会実行委員会事務局より
3. 編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メイルニュースとして、産学連携学会第2回大会の準備状況、中間報告を致します。
最新の状況は、ホームページをご覧下さい。
 http://j-sip.org/


[[[[ ★1★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.産学連携学会大会・中間報告               taikai@j-sip.org
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.参加登録者    64名

(1)会員種別内訳          
------------------------
 会員種別    人数
------------------------
 個人      44
 法人       9
 学生       2
 準        1
 A賛助      0
 B賛助      0
 非会員      8
------------------------
 計       64
------------------------

(2)属性内訳
------------------------
 属 性     人数
------------------------
 産       15
 学       34
 官        1
 金        0
 団       14
 その他      0
------------------------
 計       64
------------------------

2.大会プログラム準備状況

(1)特別講演
 内閣府知的財産戦略推進事務局長 荒井 寿光 氏(確定)
 (講演内容、演題等は調整中)

 挨拶:福岡県知事 麻生 渡 氏(調整中)

(2)シンポジウム
I.九州・西中国/大学学長シンポジウム(我が大学の特色と戦略)
 オーガナイザー:九州大学 教授 湯本 長伯
 コーディネーター:北海道大学 教授 荒磯恒久/広島大学  教授 山口佳和
[ 出席予定大学 ]  
 1.九州大学   総長代理・小寺山亘副学長(産学連携担当)
 2.広島大学   牟田泰三学長
 3.九州工業大学 下村輝夫学長
 4.宮崎大学   住吉昭信学長
 5.九州産業大学 宇田川宣人学長
 6.福岡工業大学 青木和男学長
 7.大分大学   中山巌学長(調整中)
 8.佐賀大学   長谷川照学長(調整中)

国立大学法人化後の、大学における知的財産管理、知財管理・技術マネージメン
ト人材の育成と産学連携・共同研究センターの役割、大学発ベンチャーの育成、
大学シーズの技術移転活動、構成員の利益相反問題などを踏まえ、今後の自大学
の進む道について論じて戴く。

[ 進め方 ]
 1) 個々のプレゼン(各7分予定) 及び フロアからの質問
 2) パネルの相互討論+課題別コメント
 3) 自由な質疑討論          といった形になる予定です。
 
II.ベンチャーシンポジウム(基調講演含む)
 オーガナイザー:九州大学 教授 湯本長伯
 コーディネーター:北海道東海大学 教授 西村弘行

 最新の報告では、現在 800近い大学発ベンチャーの起業化が実現しているが、
これからの課題は起こした企業をどのようにして維持し、拡大して雇用の創出に
結びつけるかである。
本シンポジウムでは、その出発点としてベンチャースピリットと、全ての活動の
骨格となる知的財産のマネジメントについて、基調講演に続き掘り下げながら、
今後の課題について論じる。

 挨拶 福岡県知事 麻生 渡

 基調講演 内閣官房 知的財産戦略推進事務局長 荒井 壽光

 シンポジスト 荒井壽光(前掲)
        原 丈人(デフタパートナーズ・代表)


III.地域産学官連携のかたちシンポジウム
 オーガナイザー:九州大学 教授 湯本 長伯
 コーディネーター:京都大学 教授 澤田芳郎

このシンポジウムについては、フリーでの申し込みは2本あっただけです。2本
連続であったので、一般講演に回るようお願いしています。現状(予定)では、

 1)HoPE(北海道中小企業家同友会同友会)3年間の軌跡
 2)ジョイントプラザ福岡の活動と課題
 3)大分のTLO活動
 4)佐賀の産学連携
 5)広島大学の挑戦        (予定)
時間があれば、九大KASTEC(KYUSHU-University Art,Science and
Technology Center for cooperative research)の紹介も予定致します。

[ 進め方 ]
 1) 個々のプレゼン(各15分予定) 及び フロアからの質問
 2) パネルの相互討論+課題別コメント
 3) 自由な質疑討論          といった形になる予定です。
 
 *シンポジウムの発表原稿も6月6日(月)までにお願いします!


(3)一般講演
 登録件数 34件
 分類内訳
 -----------------------------
  分 類        人数
 -----------------------------
  技術移転・リエゾン   6
  知的財産権       2
  事業化戦略       1
  教育・人材育成     3
  産学連携一般     22
 -----------------------------
  計          34
 -----------------------------

(4)産学マッチングセッション
 登録件数 2件
 分類内訳
 -----------------------------
  分 類         人数
 -----------------------------
  産業技術とアイディア   0
  事業企画         0
  シーズ紹介        0
  新産業構想と技術ニーズ  0
  産学連携に関する論考   0
  産学連携一般       2
 -----------------------------
  計            2
 -----------------------------

(5)福岡産学ジョイントプラザ交流セミナー(同時開催)
  1・基調講演
     『健康サービス産業創造に向けて』(仮題)
      経済産業省商務情報政策局サービス産業課長 熊谷 敬 氏
  2・パネルディスカッション
     『21世紀の健康づくりをサポートする科学技術と産業』(仮題)
     コーディネーター:九州大学大学院医学研究院 教授 信友 浩一 氏
     パネリスト   :大学2名+企業2名
  3・研究内容・開発事例発表(大学3名+企業3名)
 
3.懇親会
  参加申込者:51名  定員 250名
  場所:西日本新聞会館16階大ホール
  時間:18:15〜20:00
  会費:  6000円
  その他:前日までに人数報告
      当日申込み分は、遅くとも昼までに人数報告(締切:正午)
  
4.大会日程
  6月11日(金)
ホールA
  9:00- 9:20 開会挨拶
  9:20-10:40 評議員会および総会
 10:40-11:30 研究部会連絡会
 13:30-18:00 ジョイントプラザ
 18:15-20:00 懇親会

ホールB
  9:00- 9:20 開会挨拶
  9:20-10:40 評議員会および総会
 10:40-11:30 研究部会連絡会
 12:30-15:15 発表(11件)
 15:15-17:00 シンポジウムU
 18:15-20:00 懇親会

志賀
 12:30-16:00 発表(14件)

高千穂
 9:00-18:00 展示・ポスター
 
  6月12日(土)
ホールA
  9:00-10:30 発表(6件)
 10:30-12:30 シンポジウムV
 13:30-16:00 シンポジウムT
ホールB
  9:00-10:30 発表(6件)
 10:30-12:30 発表(8件)

志賀
  9:00-12:30 発表(14件)

高千穂
  9:00-12:30 展示・ポスター
 13:30-16:00 展示・ポスター


[[[[ ★2★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.大会実行委員会事務局より                taikai@j-sip.org
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
大会実行委員会事務局より、お願いを申し上げます。
 現状の概要は、中間報告でお知らせした通りですが、全般に発表題数が少ない
状況で、予定していた予稿集のボリュームに足りません。また特に、産学マッチ
ングセッションは、今回ほとんど応募がなく、討論が希薄になる恐れがあります。
 そこで発表登録及び予稿の提出締切を、10日午後3時まで延期することと致し
ました。
 プログラム編成委員会には、それで何とか間に合います。
 なお入稿は12日ですので、それまでに到着したものは出来るだけ入れるように
しますが、予稿集全体の発行に支障が無い限りとさせて戴きます。
 セッションの最適化は、その場合出来ません。
 
 皆様の学会大会です。是非、多くの発表とご参加を、お待ちしております。
 宜しくお願い申し上げます。




[[[[ ★3★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3.編集後記(第22号)                   news@j-sip.org
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今回の福岡大会では一般発表のプレゼンテーションの時間が10分,質疑応答が5分と議
論する時間が前回よりも(12分と3分)長めに設定されています。発表をする、聞く、
だけでなく,質疑応答にも是非積極的にご参加くださいますようお願い申し上げます。

(会長 kaichou@j-sip.org 副会長 fukukai《以下は@j-sip.orgを省略します》
 学術委員会 gakujutsu 事業委員会 jigyou 総務委員会 soumu
事務局office 論文 ronbun 法務 houmu 教育 kyouiku 監事 kanji )

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――