■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■

――――――――――――――
産学連携学会メイルニュース
――――――――――――――
J-SIP Mail News
――――――――――――――
発行:産学連携学会(編集WG)
――――――――――――――
第0021号 <2004. 4.21>

――――――――――――――


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.産学連携学会大会のお知らせ(続報 No.2)
2.編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

大会発表の申込み方法についてお知らせします。「大会参加申込書」はURL 
http://j-sip.org/annual_meeting/でダウンロードできますので,そちらをお開きく
ださい。


[[[[ ★1★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.産学連携学会大会のお知らせ(続報 No.2)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
                大会実行委員会

7.「地域産学官連携のかたち」シンポジウムの企画公募
  シンポジウムの発表者を4〜5件程度公募します。提案及び発表希望者は、平成
16年4月24日(土)
までに大会事務局長(湯本:下記連絡先)に電子メールでご連絡
ください。
 【シンポジウム企画の連絡先】
   九州大学産学連携センター・デザイン総合部門 湯本長伯
   E-mail: yumoto@design.kyushu-u.ac.jp

8.一般講演(口頭発表)および産学マッチングセッションの発表申し込み
(1) 一般講演と産学マッチングセッションの発表希望者(演者)は、必ず平成16
年5月1日(土)まで(必着)
に大会参加の予約申し込み(上記6)を行ってくださ
い。
(2) 大会参加の予約申し込みの際、「大会参加申込書」の所定欄にチェックを入
れて、演題と分類(前ページ3(2)のa〜eまたは3(3)のa〜fの項目名)を記入し
てください。
(3) 同時に、下記9にしたがって発表要旨原稿を作成し、期日までに提出してく
ださい。

9.発表要旨原稿の作成および提出
(1) 一般講演または産学マッチングセッション1件につき、A4版縦の白紙1枚
から2枚(2枚以内)に、本文と必要に応じて図表等を配置した完全原稿を作成して
ください。
(2) 余白は上20mm、下25mm、左右各25mmとします。
(3) 文字のサイズは10〜11ポイントを基本とします。
(4) 1行目には、左から40mm以上空けて(講演番号を記入するため)演題を書
き、1行空けて発表者名(複数人連名の場合は演者の氏名の前に○印を付ける)と
かっこ内に所属名を記入し、さらに1行空けて本文を書き出してください。
(5) 要旨の見出し項目(はじめに、調査方法、結果、考察など)は、自由としま
す。
(6) 提出する電子ファイルの形式は、ワード、一太郎、またはPDFとします。
(7) 作成した発表要旨の印刷物および電子ファイル(FD、CDまたは電子メー
ルに添付。電子メールに添付する場合はファイルのサイズを2MB以内とする)を平成
16年5月1日(土)まで(必着)
に大会実行委員会事務局に提出してください。
なお、印刷物はそのままオフセット印刷しますので、濃い印字の鮮明な原稿にしてく
ださい。
また、提出された印刷物、電子メディア等は返却しませんので、予めご了承くださ
い。

10.一般講演の発表方法
(1) 発表時間は、講演10分、討論5分、合計15分の予定です。
(2) 発表に使用する機器は、液晶プロジェクターまたはOHPとします。
(3) 液晶プロジェクターを用いて発表する場合に使用できるソフトウェアは、
「Microsoft PowerPoint 2000」または「Adobe Reader 6.0」(いずれもWindows版)
です。作成した電子ファイルは、ファイル名を「講演番号.ppt」または「講演番号
.pdf」(講演番号は、プログラム編成後に公表)とし、平成16年6月9日(水)まで
(必着)に大会実行委員会事務局へ提出してください(FD、CDまたは電子メール
に添付。電子メールに添付する場合はファイルのサイズを2MB以内とする)。ファイ
ルを圧縮する場合には、ZIPまたはLZH形式とします(「講演番号.zip」または「講演
番号.lzh」)。
 なお、コンピュータ(OS:Windows)は事務局が用意したものを使用していただき
ます。す。
(4) OHPを用いて発表する方は、OHPの操作を各自で行ってください。サ
ポート人員が必要な場合は、各自で確保してください。

11.産学マッチングセッションの発表方法
(1)ポスター展示
  a) 出展者は、ポスターを平成16年6月11日(金)の午前9時までに会場へ持
参し、所定の場所に各自展示してください。ポスターは大会開催中継続して展示しま
す。
  b) ポスターのサイズは、縦150 cm×横60 cm以内とします。
(2)短時間の口頭発表
  a) ポスター出展者は、3分程度で展示内容の要点を口頭発表していただきま
す。
  b) 発表に使用する機器は、液晶プロジェクターまたはOHPとします。
  c) 発表用原稿(スライド)は2枚程度にまとめてください。
  d) 発表用原稿の作成方法、OHPの操作方法等は、一般講演に準じます(上
記10(3)(4)参照)。

大会事務局(申し込み・問い合わせ先)
 九州大学産学連携センター・デザイン総合部門・湯本研究室内
 産学連携学会第2回大会実行委員会事務局(担当:大野由起子/宮内、迫脇)
 〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1
 TEL (03)5953-8575 (092) 553-9454   FAX (092) 553-9454 ,(092)
553-4585 
  E-mail: taikai@j-sip.org(お問い合わせはできるだけ電子メールでお願いしま
す)
郵便振替 口座番号 01750−3−74861
加入者名 産学連携学会(第2回大会)
* 学会のホームページにて、本大会の最新情報を随時掲載しますので、ご確認をお
願いします


[[[[ ★2★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3.編集後記(第21号)             news@j-sip.org
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今回の福岡大会では一般発表のプレゼンテーションの時間が10分,質疑応答が5分と議
論する時間が前回よりも(12分と3分)長めに設定されました。発表をする,聞く,だ
けでなく,質疑応答にも是非積極的にご参加くださいますようお願い申し上げます。
(会長 kaichou@j-sip.org 副会長 fukukai《以下は@j-sip.orgを省略します》
 学術委員会 gakujutsu 事業委員会 jigyou 総務委員会 soumu
事務局office 論文 ronbun 法務 houmu 教育 kyouiku 監事 kanji )

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――