■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■

――――――――――――――
産学連携学会メイルニュース
――――――――――――――
J-SIP Mail News
――――――――――――――
発行:産学連携学会(編集WG)
――――――――――――――
第0016号 <2004. 1. 23>

――――――――――――――


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.『産学連携学』投稿規定(その1)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

15号では論文募集のお知らせをいたしましたが本号ではその投稿規程についてご連絡
いたします。
文書量が若干多いので二回に分けてお送りいたします


『産学連携学』投稿規定           
(2004年1月21日・学術委員会制定)

                      産学連携学会学術委員会

1.投稿者および投稿資格
 本誌への投稿者は,連絡先となる責任著者(Corresponding author)とし,
原則として本学会の正会員,準会員および名誉会員に限る.責任著者以外の共
著者には非会員を含むことができる.また,学術委員会は,会員または非会員
に執筆を依頼することができる.
 なお,法人会員の場合には,法人所属者の個人名で投稿することとし,法人
名での投稿は認めない.

2.投稿区分
2.1 論 文(Original article)
  新しい知見を含む未発表で完成度の高い独創的研究.
2.2 短 報(Short communication)
 新しい知見を含む未発表の独創的研究のうち,萌芽的段階における斬新な試
論,または緊急性を要する速報.
2.3 研究ノート(Note)
  新しい知見または提案,提言,意見等を含む未発表の事例報告,調査研究
報告等.論文ほどの独創性および完成度は要求しない.
2.4 総 説(Review article)
  特定のテーマに関する研究を総括・解説したもの.
2.5 その他
  書評,資料,トピックスなどで,会員に役立つ内容のもの.

3.投稿分野
3.1 産学連携(構造・制度・リエゾン・技術移転等)
3.2 知の生産と知的財産
3.3 事業化
3.4 教育・人材育成
3.5 その他

4.投稿原稿の条件
4.1 投稿原稿は,本投稿規定および別に定める原稿執筆要領を満たすものであ
ること.
4.2 投稿原稿は,次の条件を満たすものであること.
 1) 正確である.
 2) 客観的に記述されている.
 3) 内容,記述について十分な推敲がなされている.
 4) 未発表である.
 5) 他の学会誌、学術誌等に二重投稿していない.

 ただし,上記4) に関しては,既に発表した内容を含む原稿でも,次のいず
れかの項目に該当する場合には投稿を認める.

 a) 新たな知見を加味して再構成したもの.
 b) 限られた読者にしか配布されない刊行物や資料等に掲載された内容を基
  に再構成したもの.
 
 これらに該当するか否かの判断を容易にするため,既発表の内容を含む場合
には,必ずその内容と出典を本文中に明記すること.
4.3 投稿原稿は,それだけで独立した完結したものでなければならず,連載形
式で投稿することはできない.
4.4 本文の言語は日本語または英語とする.
4.5 英文の校閲は,著者の責任において行う.

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――