■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■

――――――――――――――
産学連携学会メイルニュース
――――――――――――――
J-SIP Mail News
――――――――――――――
発行:産学連携学会(編集WG)
――――――――――――――
第0014号 <2003.12. 24>

――――――――――――――


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.第2回大会について(お知らせと企画についてのご意見のお願い)
2.産学連携学会へのご寄付のお願い
3.事務局へのオーダーシートについて

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第2回の産学連携学会大会の企画が始まりつつあります。何千人、何万人と会員がい
る歴史のある大学会と異なり、本学会は会員の皆様方のお一人、お一人が重要な役割
を持っておられる主役であり、且つ立ち上がったばかりの途上にある学会です。
本大会の開催とその成功に向けて積極的な参画意識を頂戴できれば幸いであります。

[[[[ ★1★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.第2回大会について(お知らせと企画についてのご意見のお願い)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
産学連携学会では第2回大会の準備を鋭意進めているところです。
来年度の第2回大会は、九州・西中国大会として福岡・九州大学を会場校に行なわれ
ます。

このことを第1回大会でお知らせした後に、幾つかの場で色々と検討したところ、会
計年度終了後に行なう定期総会と併催して、平成16年5月−6月に行なうことが有力
となりました。
現状では年2回、大会と総会にそれぞれ全国から、会員の方に集まって戴くのは難し
いからです。

そこで詳細は未定ですが、時期は6月の「産学官連携サミット」の前後に、場所は福
岡で会場校は九州大学ということで、開催を計画中です。
内容と形式は第1回を踏襲し、発表は「一般講演」と「マッチングセッション」に分
け、またシンポジウムもテーマをシリーズとして引き継ぐことを基調に考えていま
す。つきましては、ご意見ご要望をお寄せ戴き、企画実行委員会に反映させて戴きた
いと思います。

シンポジウムは、「(1)九州西中国地区・学長シンポジウム」「(2)4〜5学会シンポジ
ウム」「(3)地域産学官連携のかたちシンポジウム」「(4)地域ベンチャー地球ベン
チャー・シンポジウム」などが企画中です。
固まらないうちに、熱いご意見を戴きたいと思いますと共に,ぜひたくさんの方に本
大会のご参加をお願い申し上げる次第です。
なお(4)では、第1回大会では見送った「国際的視点」をも取り込み、新しい展開を考
えてみたいと思います。

今後,本大会の日程,企画内容等,詳細が決まり次第,随時その状況を本メールマガジン
でお知らせいたします。

[[[[ ★2★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.産学連携学会へのご寄付のお願い
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
産学連携学会理事会から、会員の皆様にお願いを申し上げます。

本学会も、現在、設立から7ヶ月を経過し、ともかく様々な活動を立ち上げようとし
ています。
本学会は学会としての運営と会員の皆様へのサービスに尽力しているところでありま
すが、この立ち上げの時の厳しい財政状況は否めません。とはいっても、今年一年を
乗り切り活動が軌道に乗れば何とか継続して学会を維持できるものと考えておりま
す。そこで本学会としては、この厳しい現状を打破するために会の内外からご寄付を
お願い申し上げることを、決心致しました。

この維持会費をお納め戴くと、今後には「大会・研修会以外の研究会」参加がフリー
といった、VIP会員ならではの様々な特典を、ご用意できるものと思います。
本学会の趣旨とその継続の意義をご理解いただき,皆様方のご支援ご協力を何卒お願
い申し上げます。

具体的には、メイルかFAXにて事務局まで、「維持会費」納入の意思をお伝え下さ
い。納入用の振込み用紙をお送り致します。
あるいは、郵便口座 17420−61857461まで振り込んで戴いても結構で
す。一口1万円からとさせていただきます。

先ずは、現在企画中であります「札幌大会・報告会」への参加がフリーとなります。
何卒宜しくお願い申し上げます。

 [[[[ ★3★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3.事務局への「オーダーシート」について
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
会員の皆様から、事務局への連絡を気軽にして戴くため、 「事務局へのオーダー
シート」を作りました。該当欄に○を付けて、そのままFAXするか、ご面倒でなけ
ればメイルに取り込んで、「事務局へのオーダー」にご使用下さい。
ホームページにも貼りこまれていますので、適宜、ダウンロードしてお使い下さい。
また使い勝手等についても、ご注文をお願い致します。 (本部事務局より)

---------------------------------------------------------------

産学連携学会・オーダーシート      (03.12.08更新)
FAX 092-553-9454   本部事務局 office@j-sip.org
 
 ご住所:〒                                
 
 ご氏名:              
 連絡先:メイル・            FAX・ 
 
     +以下の必要な部分に○をして下さい+
A.問合せ
1.入会関係
 ア)内容を知りたいので、下記の住所氏名宛て関係資料をお送り下さい
 イ)入会手続きをしたいので、申込書に必要事項を記入の上お送りします

[ 申込は会員種別を明確に(会費が異なります)お願いします ]
[ 申込書はFAX・郵送など紙の形で、請求書等の必要などは特記下さい ]
[ ホームページhttp://j-sip.org あるいはパンフレットでなお不明な点は、電話
  でご連絡下さい ]
 
2.研究会・大会・セミナ・講演等
 
 ア)連絡事務室ではホームページ以上の内容が分かりませんので、詳細については
  担当より連絡致します。
 
 ・名称 大会  研究会等(                  )
 ・日時    年    月    日  ・場所         ・費用等
 
3.費用等振り込み連絡
 a・郵便口座 17420−61857461
 b・銀行口座 東京三菱銀行田町支店(043)普通2227373
 
 上記口座へ   年   月   日   下記の費目で振込みました
  入会金      円 / 年会費      円 /
  維持会費     円(   口)
  会誌  号    円  (1号:予稿集2003=送料共2500円)
 
4.論文集・テキスト等の購入・問合せ(代金納入は上記口座へ)
 対象:  会誌(予稿集 論文集)  テキスト   その他  /
 内容:  問合せ    購入
 
5.提出
  (  論文  ポスター  発表梗概  その他  )を提出します
 
6.取材(広報委員会と正副会長に連絡致します)
  具体的内容
  (                                     )
 
7.クレーム(総務委員会と正副会長に連絡致します)
  具体的内容
  (                                     )
 
*********************************************************************
○産学連携学会・連絡事務室 〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-23-17-6F 
TEL 03-5953-8575 FAX 092-553-9454(緊急時03-5953-8862)
(文書・資料等は管理上なるべく郵便で。宅配便は、下記の本部事務局まで)
 
○産学連携学会・本部事務局 〒815-8540 福岡市南区塩原4−9−1
九州大学・芸術工学研究センター・湯本研究室気付 
FAX 092-553-9454 (緊急用TEL 番号は同じです。本部へはFAXで)
*********************************************************************

---------------------------------------------------------------

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――