■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■

――――――――――――――
産学連携学会メイルニュース
――――――――――――――
J-SIP Mail News
――――――――――――――
発行:産学連携学会(編集WG)
――――――――――――――
第0009号 <2003.9.19>

――――――――――――――


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.第1回大会(札幌)終了報告
2.臨時総会
3.事務局の連絡先
4.編集後記
●● 地域産学連携事業 ●●

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

平成15年9月15日および16日に開催された札幌大会の速報をいたします。
本大会の詳細については以下のような形態で今後随時レポートをしていく予定です。

メールニュース10号
1.大会を終えて  ・会長挨拶・委員長挨拶
2.大会概要  ・委員長概要報告・概況
3.総会報告+パブリックコメント


メールニュース11号
各シンポジウムの詳細について

メールニュース12号
一般発表のご紹介  各セッションの座長の総括(その1)

メールニュース13号
各セッションの座長の総括(その2)

メールニュース13号
ポスターセッションのご紹介  HoPEマッチングセッションのご紹介


[[[[ ★1★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.第1回産学連携学会開催される

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
記念すべき第一回の大会が,平成15年9月15日および16日に北海道大学学術交
流会館で開催されました。本学会の参加者人数は300人以上にのぼり,盛況な学会
となりました。

本学会の設立は全国の国立大学地域共同研究センターの教官が主体となっておこなっ
たものでありますが,いまや全体から見てセンター教官の割合は7%に満たず,この
学会は学のみならず産や官のセクターを巻き込んで大きな環を作り出そうとしていま
す。

 本大会のこけら落としとして初日には北海道圏内の各国立大学の学長/総長及びそ
れに準ずる方々にお集まりいただき,各大学の大学の産学連携の方針及び今後の展望
についてのシンポジウムがありました。北海道圏の各国立大学のそれぞれの個性溢れ
る産学連携に関した大学の施策についてのお話をお伺いすることができました。

とともに,2日目では,”技術革新を基盤とする経済活性化”(講師 中野誠一 
(財)北海道科学技術総合振興センター副理事長),”社会と連携する新しい大学
像”(講師 清成忠男 日本ベンチャー学会会長)と題する二件の講演があり,前者
は北海道における産学連携システムの現状と今後についての議論,後者については今
後の大学側からの視点からみた産学連携のあり方についての講演がなされました。こ
の二件の講演の後、隅蔵蔵一(日本知財学会理事,研究技術計画学会事務局長),湯本
長伯(産学連携学会会長)及び清成忠男(日本ベンチャー学会会長)らによるそれぞ
れの学会の目的及び具体的活動についての講演がなされ,その後三者による各学会の
接点及についての議論がなされました。今後,具体的な連携の方策がなされていくも
のと思います。

それ以外に一般発表(39件)やポスターセッション(19件)では,各地域の産学
官連携におけるシステムや事例紹介,産学連携手法の紹介などが発表され,活発な討論
がなされました。同時にHOPE(北海道プラットホームエントランス)による傘下
の企業による新商品,新製品のブース展示がおこなわれました。

 本大会の運営は非常に円滑なものでありました。,これは本学会の大会委員長であ
る荒磯恒久北海道大学教授らによる多大な労によるものであることをここに追記した
いと思います。


[[[[ ★2★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.産学連携学会臨時総会office@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
北海道大学で開催された第一回学会期間中に臨時総会が開かれました。
これよより,平成16年度秋を目途に東京都所管のNPO法人化を当学会は目指すこ
とが決定されました。

これは法人格を持っていないと今後,種々の外部から事業を委託する際に手続き上
種々の困難が伴うことなどがあるからです。今後,当学会の総務委員会で法人化に向
けての作業が進められます。
 
 
[[[[ ★3★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3.事務局の連絡先               office@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○産学連携学会・連絡事務室 〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-23-17-6F 
TEL 03-5953-8575 FAX 092-553-9454
○産学連携学会・本部事務局 〒815-8540 福岡市南区塩原4−9−1
九州芸術工科大学・湯本研究室気付け FAX 092-553-9454(本部へはFAXで)
郵便口座 17420-61857461(大会用は、02790-5-74383 です)
 現在の事務局は、札幌・東京・福岡の3箇所で分担しております。
 また、東京水産大学へのお問合せは、お控え下さい。


[[[[ ★4★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4.編集後記(第9号)             news@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 札幌の第一回大会が終了いたしました。
この大会のご感想あるいはご意見等ございましたらご連絡ください。
今後の学会運営にも資するものとなると思われます。
とともに各地の産学連携事業に関するお知らせ,報告もお待ちしております。
 学会各部署へのご質問・連絡は、下記のアドレスまで。
(会長 kaichou@j-sip.org 副会長 fukukai《以下は@j-sip.orgを省略します》
 学術委員会 gakujutsu 事業委員会 jigyou 総務委員会 soumu
事務局office 論文 ronbun 法務 houmu 教育 kyouiku 監事 kanji )


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●● 地域産学連携事業 ●●

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 各地での産学連携活動のお知らせ・報告等、今回は下記を掲載します。

9月19日(金) 有限会社大分TLO設立記念式典
平成15年度産学官民連携フォーラム
演題「わが国産業の活性化を目指して 〜真の産学官連携への提言〜」
東北大学名誉教授(未来科学技術共同研究センター客員教授) 大見忠弘 氏
(http://www.radc.oitau.ac.jp./)

10月18日(土) 京都産業大学リエゾンオフィス開設記念セミナーを開催!
(http://www.kyoto-su.ac.jp./)
講師 近畿経済産業局産業企画部長・陣山繁紀氏 株式会社堀場製作所社長・堀場厚
氏等
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――