■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■

――――――――――――――
産学連携学会メイルニュース
――――――――――――――
J-SIP Mail News
――――――――――――――
発行:産学連携学会(編集WG)
――――――――――――――
第0008号 <2003.9.13>

――――――――――――――


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.緊急連絡・アンケート用FAX番号間違いでした(再)
2.事務局の連絡先
3.第1回大会(札幌)情報、続報−6
4.臨時総会のお知らせ(再)
5.編集後記
●● 地域産学連携事業 ●●

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


[[[[ ★1★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.緊急連絡・アンケート用FAX番号間違いでした kaichou@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
092-553-9454にお送り下さい。(連絡事務室の緊急用は、03-5953-8862)
通常の連絡FAXは全て 092-553-9454 まで。
皆様から、多くの回答が寄せられています。
是非もっと、宜しくお願い申し上げます。


[[[[ ★2★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.事務局の連絡先               office@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○産学連携学会・連絡事務室 〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-23-17-6F 
TEL 03-5953-8575 FAX 092-553-9454
○産学連携学会・本部事務局 〒815-8540 福岡市南区塩原4−9−1
九州芸術工科大学・湯本研究室気付け FAX 092-553-9454(本部へはFAXで)
郵便口座 17420-61857461(大会用は、02790-5-74383 です)
 現在の事務局は、札幌・東京・福岡の3箇所で分担しております。
 また、東京水産大学へのお問合せは、お控え下さい。
 
 
[[[[ ★3★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3.第1回大会(札幌)情報、続報−6      taikai@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 直前ですが、改めて大会の発表テーマを、お知らせ致します。
大会情報 http://www.cast.hokudai.ac.jp/j-sip/index.html 内容更新
 
大会プログラム http://www.cast.hokudai.ac.jp/j-sip/program.html
  特別講演・特別シンポジウム他
  http://www.cast.hokudai.ac.jp/j-sip/program1.html
  シンポジウム
  http://www.cast.hokudai.ac.jp/j-sip/program2.html
  一般講演
  http://www.cast.hokudai.ac.jp/j-sip/program3.html
  産学マッチングセッション
  http://www.cast.hokudai.ac.jp/j-sip/program4.html
  HoPEマッチング広場2003
  http://www.cast.hokudai.ac.jp/j-sip/program5.html
 
開催要領 http://www.cast.hokudai.ac.jp/j-sip/youryou.html
周辺図 http://www.cast.hokudai.ac.jp/j-sip/map.html
 
[特別講演]
9月16日(火) 第2日目 A会場 (13:30 - 14:45)
挨拶 (13:30-13:45) 
 山本邦彦(北海道副知事)
技術革新を基盤とする経済活性化 (13:45-14:15)
 中野誠一((財)北海道科学技術総合振興センター副理事長/専務理事)
社会と連携する新しい大学像 (14:15-14:45)
 清成忠男(日本ベンチャー学会会長/法政大学総長)

[特別シンポジウム]
9月16日(火) 第2日目 A会場 (15:00 - 17:00)
産学連携・事業創造・ベンチャー創生に係る諸学会の連携
オーガナイザー: 湯本長伯 (産学連携学会会長/九州芸術工科大学・教授)
概要:産学連携・新事業創造に関連して、研究・技術計画学会をはじめ、特色ある学
会が創出されている。本シンポジウムでは、各学会の設立趣旨、目的、具体的活動な
ど、それぞれの特色と主張を述べ合い、各学会間の連携を創成する。
隅蔵康一(日本知財学会理事/研究・技術計画学会事務局長/政策研究大学院大学・
助教授)
湯本長伯(産学連携学会会長/九州芸術工科大学・教授)
清成忠男(日本ベンチャー学会会長/法政大学総長)

[シンポジウム]
9月15日(月) 第1日目 A会場 (9:45 - 11:10)
T:北海道内国立大学学長シンポジウム
オーガナイザー:飯島 徹 (室蘭工業大学・地域共同研究開発センター・助教授)
荒磯恒久 (北海道大学・先端科学技術共同研究センター・教授)
概要:大学における知的財産管理、知財管理・技術マネージメント人材の育成と共同
研究センターの役割、大学発ベンチャーの育成、大学における利益相反問題などにつ
いて論じる。
武笠幸一 (北海道大学総長代理/大学院工学研究科・教授)
田頭博昭 (室蘭工業大学学長)
常本秀幸 (北見工業大学学長)
佐々木市夫(帯広畜産大学副学長)
秋山義昭 (小樽商科大学学長)
 
9月15日(月) 第1日目 A会場 (13:00 - 15:00)
U:大学発ベンチャー企業の今日的課題
オーガナイザー: 西村弘行
((株)北海道バイオインダストリー・取締役副社長/北海道東海大学・教授)
概要:第2回産学官連携推進会議でも報告されたように現在500を超える大学発ベン
チャーの起業化が実現しているが、これからの課題は起こした企業をどのようにして
維持し、拡大して雇用の創出に結びつけるかである。本シンポジウムでは、実際のベ
ンチャー企業の事例に基づき、今後の課題について論じる。
 
1SU-1 大学発ベンチャー支援サイト−DNDの戦略と今後の方向性
出口俊一((独)経済産業研究所デジタルニューディール・事務局長)
1SU-2 インキュベーションの立場からの大学発ベンチャー
土井尚人((株)ヒューマン・キャピタル・マネジメント・代表取締役)
1SU-3 産学官連携によるベンチャー創出に向けた現場主義の重要性
○堀之内英1,江口真史2,石川隆祥3,阿部浩治3,星 博房3,渡辺 彰3
((有)グーテック・代表取締役/千歳科学技術大学・講師1,
(有)グーテック/千歳科学技術大学2,(株)日本アレフ3)
1SU-4 北方バイオベンチャーの成功事例と産学官連携の役割
西村弘行((株)北海道バイオインダストリー・取締役副社長/北海道東海大学・教
授)
1SU-5 産官学連携によるヘルスケアインフラ創出モデル
〇刈田貴久1,西村弘行2
(ネイチャーテクノロジー(株)・代表取締役社長1,
(株)北海道バイオインダストリー・取締役副社長/北海道東海大学・教授2)
 
9月15日(月) 第1日目 A会場 (15:20 - 17:20)
V:地域産学官連携のかたち
オーガナイザー: 荒磯恒久 (北海道大学・先端科学技術共同研究センター・教授)
概要:地域産学官連携のかたちを探り、特色ある展開を考える。

1SV-1 INS(岩手ネットワ?クシステム)の形成 〜イーハトーブ、岩手での集ま
り〜
清水健司(岩手大学・工学部応用化学科・教授)
1SV-2 リエゾンはじめて6年目、地方から三セクの挑戦
吉田 孝((株)会津リエゾンオフィス・執行役員/業務部長) 
1SV-3 ボトムアップ型地域連携のかたち
榊原正利(特定非営利活動法人 0563.netNPO・代表理事/他)
1SV-4 相互支援型による産学官+民連携システムの試み
− 地方大学における社会貢献モデルの提案 − 
○北村寿宏1,片岡 勝2,吉岡佳紀3
(島根大学・地域共同研究センター・助教授1,
島根大学・地域共同研究センター2,島根県・産業振興課3)
1SV-5 北海道におけるHoPEの活動
渡邊民嗣(北海道中小企業家同友会HoPE・副代表世話人/三晃化学(株)・代表取締
役)
 
<<<一般講演>>>9月15日(月) 第1日目 B会場 (14:30 - 17:30)
産学連携一般 (1)
1B1430 産官学による交流事業の5年間の取り組みと今後の展開
  − 「わかやま産学官交流懇談会」を事例として −
○河崎昌之1,湯崎真梨子2(和歌山大学・地域共同研究センター1,和歌山大学2)
1B1445 地方大学における産学公連携活動 ― 山口大学における取り組み事例 ―
○崎山智司,宮地 壽,小渕茂寿(山口大学・地域共同研究開発センター)
1B1500 山口地域における産学連携の取り組み事例
○宮地 壽,崎山智司,小渕茂寿(山口大学・地域共同研究開発センター)
1B1515 信州地域特化型の産学対等連携による新規産業の構築@
○杉原伸宏1,小林雅明1,2,伊勢裕彦1,根岸直樹1,高橋将文1,池田宇一1
(信州大学・院・医1,日置電機(株)2)
1B1530 新潟県内企業と大学との連携のあり方に関する調査研究
○川崎一正、中津普門(新潟大学・地域共同研究センター)
1B1545 地域の特性を活かした新生コンソーシアムの取り組み
○川路茂保(熊本大学・院・自然科学研究科)
1B1600 産学交流・連携から産学共同研究開発の推進
○大嶋 健,八木嘉博,松本尚子((財)大阪科学技術センター)
1B1615 半導体デバイスメーカにおける産学連携
○桑江良昇((株)東芝 セミコンダクター社)

技術移転・リエゾン (1)
1B1630 戦略的製品開発に関して、学生モニター・ビジネスデザイナーのチームによ

創造的展開を図る、理論的実験的調査的研究
坂井陽爾1,湯本長伯2,中村 誠2,野添聡司2,○大野由起子2,鈴木久晴2,
江上哲平2(日本ビネガーボトラーズ1、九州芸術工科大学2)
1B1645 視覚環境移行(改変)事前評価の方法論的研究と具体の評価について
○湯本長伯1,葉 祥栄2,松本文夫3,西出和彦4(九州芸術工科大学1,
葉デザイン事務所2,プランネットアーキテクチャーズ3,東京大学・院4)
1B1700 知的財産流通業のあり方 (その1)
− アンケート調査「知的財産流通業に期待されること」 −
○角南英八郎((有)知財情報研究所)
1B1715 知的財産流通業のあり方 (その2)
− 知的財産流通業のマーケティング戦略 −
○角南英八郎((有)知財情報研究所)
 
9月16日(火) 第2日目 A会場 (9:00 - 12:15)
産学連携一般 (2)
2A0900 インターネットで提供される産学官連携支援情報について
○藤原貴典(岡山大学・地域共同研究センター)
2A0915 インターネットを活用した産学連携のための情報共有における利点と問題点
○宇都正幸1,内島典子2,有田敏彦2,斎藤俊彦2
(北見工業大学・機能材料工学科1,北見工業大学・地域共同研究センター2)
2A0930 北海道室蘭工業大学の産学連携の取り組み事例
○飯島 徹,斉藤和夫(室蘭工業大学・地域共同研究開発センター)
2A0945 産学連携による新規事業展開の実例
○石井 明(九州芸術工科大学・工業設計学科)
2A1000 技術相談受付票の導入とその産学連携技術的側面
○河口真紀,中村 宏(東京水産大学・地域共同研究センター)
2A1015 地域連携における公設試の役割
○荒磯恒久(北海道大学・先端科学技術共同研究センター)
2A1030 地方大学における面的産学連携の展開(広島大学の事例から)
○山口佳和(広島大学・大学情報サービス室/地域共同研究センター)
2A1045 学連携の地域展開・・・横浜国立大学の共同研究の実績を例として
○坂元耕三(横浜国立大学・共同研究推進センター)
2A1100 公募型プロジェクト研究におけるコーディネート活動 −島根大学での実例

○北村寿宏(島根大学・地域共同研究センター)
2A1115 大分県の産学官交流の経緯と今後
○川辺正行(大分県工業団体連合会・産学官交流運営委員会)
2A1130 成功率を高める産学連携の方法
○長田純夫(福岡大学・大牟田産学連携推進室)
2A1145 個人レベルからの産業創出への取り組み − 創業支援事業について −
○松岡浩仁1,中村八束2,松本明人2
(信州大学・地域共同研究センター1,信州大学・工学部2)
2A1200 社会組織イノベーションとしての産学連携
− 「産学連携の三層モデル」の視点 −
○澤田芳郎(京都大学・国際融合創造センター)
 
9月16日(火) 第2日目 B会場 (9:00 - 12:30)
教育・人材育成
2B0900 学生向け授業を活用した地域との産学連携の試み
○佐藤三郎(佐賀大学・科学技術共同開発センター) 
2B0915 大学生にみるベンチャー企業起業のポテンシャル
      − 東大発「技術と経営」受講者サーベイの結果を中心に −
○堤 悦子(追手門学院大学・経済学部)
2B0930 プロジェクト型授業の試行と産学連携手法としての位置付け
○中村 宏,河口真紀(東京水産大学・地域共同研究センター)
2B0945 インテリアの職能資格水準とその具体的評価に関する実践的行政的研究
○湯本長伯1,澤内幸一2(九州芸術工科大学1,(社)インテリア産業協会2)
2B1000 建築・インテリアの優れた作品・環境の評価及び普及に関する研究
○湯本長伯1,加藤 茂2(九州芸術工科大学1,建築技術教育普及センター2)
 
技術移転・リエゾン (2)
2B1015 CRLにおける技術移転活動について
○澤田 史武、五十嵐 喜良((独)通信総合研究所)
2B1030 地元産業界に理解し得る大学研究シーズの作成手法
  − 主として中小企業対応 −
○内島典子1,宇都正幸2,有田敏彦1,斎藤俊彦1
(北見工業大学・地域共同研究センター1,北見工業大学・機能材料工学科2)
2B1045 大学との技術連携に関する実態調査報告
○池田裕一((株)日本能率協会コンサルティング)
2B1100 イノベーションシステムとしての産学官連携の研究
− イノベーションシステムの一要素としてのTLOの課題 −
○安田耕平((株)キャンパスクリエイト)
 
事業化戦略
2B1115 徳島大学における事業化支援体制
○佐竹 弘1,生駒良雄1,池上泰弘1,藤井章夫1,大塩誠二1,吉井清明1,
齋藤史郎1,三輪 恵1,山下健二2
(徳島大学・地域共同研究センター1,四国経済産業局2)
2B1130 産学連携による大学発ベンチャーの創出と育成
○飯田永久((財)岡山県産業振興財団/高知工科大学・院)
2B1145 産学共同研究から事業化への取り組み − 2〜3の事例紹介 −
○田中洋征,平川 実,坂本弘明(九州工業大学・地域共同研究センター)
2B1200 熊本知能システム技術研究会における戦略的活動
○川路茂保(熊本大学・院・自然科学研究科)
2B1215 地域連携による企業ニーズの創出
○荒磯恒久(北海道大学・先端科学技術共同研究センター)
 
産学マッチングセッション口 頭 発 表: 9月15日(月) 第1日目 B会場 (13:
00 - 14:15)
ポスター展示: C会場 (大会期間終日)
※以下は口頭発表順 
事業企画
MS01 大学発ベンチャー支援サイト「デジタルニューディール」の概要
出口俊一,○葛巻 岳((独)経済産業研究所デジタルニューディール)
MS02 徳島大学における研究開発ニーズと地元企業との連携
○佐竹 弘,米川孝宏,大塩誠二,池上泰弘
(徳島大学・地域共同研究センター)
MS03 フィージビリティスタディ公募方式による大学発ベンチャーの起業促進
澤田芳郎1,奥 久輝1,中野好一2,○大野一志2,大塚宏之2,林 公一2,
大庭牧子2,谷垣昌敬1(京都大学・国際融合創造センター1,ニック(株)2)
 
産業技術とアイディア
MS04 東アジア・コンピュータ音楽・アワードin福岡2004の提案
○中村滋延1,湯本長伯2
(九州芸術工科大学・音響設計学科1,九州芸術工科大学・芸術工学研究センター2)
MS05 半透明膜屋根等の設置による建物北側の光環境の改善に関する研究
石田壽一1,大井尚行1,○湯本長伯1,石橋雅功2
(九州芸術工科大学1,中興化成工業2)

シーズ紹介MS06 機械加工支援装置の紹介 ― 動力計と機械熱変形補正センサの提
案 ―
○藤原貴典(岡山大学・地域共同研究センター)
MS07 大口径ウエハ対応表面波プラズマ発生装置の開発
○福田 永1,古川雅一2,飯島 徹2
(室蘭工業大学・電気電子工学科1,室蘭工業大学・地域共同研究開発センター2)
MS08 室工大での技術相談対応によるシーズ展開の技術移転展開例
世利修美1,○飯島 徹2
(室蘭工業大学・工1,室蘭工業大学・地域共同研究開発センター2)
MS09 室工大のアウトソーシング形シーズ発信紹介
渡辺正夫,○飯島 徹(室蘭工業大学・地域共同研究開発センター)
 
産学連携に関する論考
MS10 地域産業活性化のための取り組み
○西村太良,中西貴輝
(京都工芸繊維大学・地域共同研究センター)
 
産学連携一般
MS11 企業実務家のための産学連携セミナー − 京都における取組みの紹介 −
澤田芳郎1,○西村太良2
(京都大学・国際融合創造センター1,京都工芸繊維大学・地域共同研究センター2)
MS12 ウェアラブル野性動物追跡装置「W3GT」産学連携開発プロジェクト
○佐々木邦俊((株)エイティーエフ)
MS13 信州地域特化型の産学対等連携による新規産業の構築A
○小林雅明1,2,杉原伸宏2,伊勢裕彦2,根岸直樹2,高橋将文2,池田宇一2
(日置電機(株)1,信州大学・院・医2)
MS14 地域研究開発促進拠点支援事業(RSP)における産学官連携への取り組み
大嶋 健,八木嘉博,○松本尚子((財)大阪科学技術センター)
MS15 ある製品開発を通して見た歯科材料分野における産学の関わり合い 
○中沖靖子、佐野英彦(北海道大学・院・歯)
MS16 千葉大学における産官学連携事例の分析およびモデル化
曽田哲也1,海老原昇2,※,○藤枝正之2,田中 学2
((財)千葉県産業振興センター 東葛テクノプラザ1,
千葉大学・共同研究推進センター2,※現・千葉県産業支援技術研究所)
MS17 人文社会科学系の共同研究に関する一考察
○小金民造(東京水産大学・地域共同研究センター)
MS18 地共センターWebサイト改善提案
○高見幸司,伊藤正実(大分大学・地域共同研究センター)
MS19 CRLにおける産学官連携の取組み
○磯部俊吉,真野和彦,澤田史武,五十嵐喜良((独)通信総合研究所)
 
HoPEマッチング広場2003 (同時開催)口 頭 発 表: 9月15日(月) 第1日目 B
会場 (10:30 - 12:30)
ブース展示: D会場 (大会期間終日)
技術情報展示企業等(24件)

1.感性情報分析支援システム
株式会社 あしる工房
2.水と電気の環境改善による活性化の提案
株式会社 荒川設備
3.立体地図切削・印刷機による模型の世界
株式会社 ウェザーコック
4.地熱で融雪、太陽光熱で給湯する管理不要装置
上山試錐工業株式会社
5.究極のテレマーケティング「オートコール」
有限会社 APプランニング
6.生活ゴミゼロエミッションシステム
北電力設備工事株式会社
7.新しい乳牛飼養管理システム
北原電牧株式会社
8.風環境の改善を目指して
三晃化学株式会社
9.環境保全と新産業創出をめざし、社会に貢献
株式会社 白石ゴム製作所
10.健康な室内環境を創造する、調湿・消臭材!!
鈴木産業株式会社
11.環境ソリューションカンパニーを目指します
積水化学北海道株式会社
12.フロアメンテナンスに新技術"UV方式"
東邦リライアンス株式会社
13.北海道産にこだわり環境にやさしい商品づくり
日本システム機器株式会社
14.プラスチックが変える未来の生活
株式会社ノルデンケミカル
15.食品細菌自動検査装置「バクテクター」
株式会社 プラムネット
16.超薄型面発光体ELを利用したe−POP
株式会社フリーダム
17.次世代の都市緑化技術を提案する
明和株式会社
18.地球温暖化防止と新エネルギー
株式会社 ホクスイ設計コンサル
19.環境と向き合い、活力ある未来の創造を!
株式会社 未来開発コンサルタント
20.人・環境に優しい建築土木資材
株式会社 よねざわ工業
21.廃発泡スチロールから生まれた接着剤の試作
株式会社 レーザープロ
22.環境保全で人と地球にもっと愛を
央幸設備工業株式会社
23.最高水準の殺菌・消臭・防汚工法ALEX
株式会社 岡高組
24.海洋深層水で新たなビジネスチャンスの創造を!!
岩内町海洋深層水対策室


支援機関・研究機関等(6件)

1.北海道立工業試験場
2.財団法人 北海道科学技術総合振興センター
3.財団法人 北海道中小企業総合支援センター
4.独立行政法人 産業技術総合研究所 北海道センター
5.北海道中小企業家同友会
6.HoPE(北海道プラットフォームエントランス)

 
HoPEマッチング広場2003 (同時開催)
口 頭 発 表: 9月15日(月) 第1日目 B会場 (10:30 - 12:30)
ブース展示: D会場 (大会期間終日)
技術情報展示企業等(24件)
 
支援機関・研究機関等(6件)
1.北海道立工業試験場
2.財団法人 北海道科学技術総合振興センター
3.財団法人 北海道中小企業総合支援センター
4.独立行政法人 産業技術総合研究所 北海道センター
5.北海道中小企業家同友会
6.HoPE(北海道プラットフォームエントランス)
 
[[[[ ★4★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4.臨時総会のお知らせ             kaichou@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
大会に合わせ、臨時総会を開催致します。ご出席をお願いします。
欠席の方からは、次々と委任状の提出を戴いております。
総会の議題は、「NPO法人化への決議」です。
宜しくお願い申し上げます。
日時:2003年9月15日(月)11:30−12:30
場所:A会場(講堂)
 
 
[[[[ ★5★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5.編集後記(第8号)             news@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 第一回大会の準備状況続報をお知らせしました。
 特色ある4つのシンポジウム始め、興味ある企画が出来たと思います。
 少し長くなりましたが、発表のテーマを列挙させて戴きました。
 秋の北海道、ビール園が近付いています。どうぞ奮ってご参加下さい。
 
 学会各部署へのご質問・連絡は、下記のアドレスまで。
(会長 kaichou@j-sip.org 副会長 fukukai《以下は@j-sip.orgを省略します》
 学術委員会 gakujutsu 事業委員会 jigyou 総務委員会 soumu
事務局office 論文 ronbun 法務 houmu 教育 kyouiku 監事 kanji )

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●● 地域産学連携事業 ●●
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 各地での産学連携活動のお知らせ・報告等、今回は下記を掲載します。
 
1)環境計画学会・年次大会「F.L.ライトの自由学園・明日館」
平成15年9月23日(火)午後(見学会・14:00より)
会場については、 http://www.jiyu.jp を参照して下さい
2)名古屋大学「名大テクノフェア2003」 平成15年11月7日(金)
 詳細は、http://quasar.engg.nagoya-u.ac.jp/techno/ 参照
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――