■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■

――――――――――――――
産学連携学会メイルニュース
――――――――――――――
J-SIP Mail News
――――――――――――――
発行:産学連携学会(編集WG)
――――――――――――――
第0004号 <2003.7.29>

――――――――――――――


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.第1回大会(札幌)情報、速報−2
2.連絡事務室設置(再録)
3.未来事務局・考     その2
4.事務事項(理事会の開催)
5.編集後記
●● 地域産学連携事業 ●●

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 
[[[[ ★1★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.第1回大会(札幌)情報、速報−2      taikai@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
0)産学マッチングセッションのポスターサイズが変更になりました!

 産学マッチングセッションのポスターサイズが、「縦160 cm×横90 cm以内」
に都合により変更になりました。発表予定の皆様はご注意をお願いいたします。
大会事務局の不手際を深くお詫び申し上げます。
 
1)大会シンポジウム  5件の応募・企画案を検討中です
○地元主催「地域産学官連携のかたち」(INS・HoPE・広島TP・・)
○3学会合同・連携シンポジウム企画(知財・ベンチャー・産学連携)
○北東海大案「大学発ベンチャーの今日的課題」(500社の今と課題)
○小樽商大案「大学発ベンチャー支援システム」(商大のノウハウ・・)
○佐貫研案「米国のVC文化」(MS・ビルゲイツに投資したVC)
 
2)発表・予約申込み期限は 8月1日(金)まで 予約だけはお早目に!
一般講演     26題 (目標題数 60題)      微増
産学Mセッション 41件 (目標件数 70〜80件)   微増
大会参加の予約  91名 (目標人数 延べ約200人)  微増
 
3)発表要旨原稿の提出期限は 8月15日(金)!
 一般講演と産学マッチングセッションの発表要旨原稿、共に締切同じ

★★★★ もっと多くのご予約を、早目にお待ちしております ★★★★
 多少のタイトル変更は問題ないそうです。先ずは、投稿です。
 登録を受けて、一足先にプログラム編成が行なわれます。
 学会臨時総会(15日昼)も準備中です。HoPEも併催されます。
 大会情報  http://www.cast.hokudai.ac.jp/j-sip/
 E-mail: taikai@j-sip.org j-sip@cast.hokudai.ac.jp
 
 
[[[[ ★2★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.連絡事務室(東京)を設置(月−金曜/9-18時)office@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-23-17-6F 産学連携学会・連絡事務室
TEL 03-5953-8575 FAX 03-5463-0894 office@j-sip.org
(文書・資料等は管理上なるべく郵便で。宅配便は本部事務局まで)
 https://j-sip.org/renraku.htm いつでも待たずに問合せ可能です
 
 
[[[[ ★3★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3.未来事務局・考           その2  kaichou@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 この3月締切で、「文部科学省」跡地のPFI事業コンペがあり、本学会が連携
していたグループが選定されました。5年後には完成予定ですが、その案の中の公
共的フロアとして、グローバル・ナレッジセンターというものがあります。
 本学会は、その中の一角に事務所を置き、そのナレッジセンターそのものが、産
学連携のメッカとして機能するよう、学会も働き周囲とも連携するということを考
えています。今のところ労力奉仕はしますが、家賃は設定されていませんので、財
政的障壁は余り無いと思われます。月内にもレイアウト等の打合せが始まるはずで
すから、その中で虎ノ門に独立の事務所を持ち得るか、それが良いことか等の検討
が出来ると思います。( http://j-sip.org/news/pfi.htm )
 数年先の本学会の姿は良く分かりませんが、その時点時点での学会々長にも、十
分情報をお伝えして、この初期構想のメリットデメリットをご検討戴き、一つの案
として採用不採用を決めて戴ければ良いと思います。  ( この項、湯本記 )
 (さらにご意見ご提言をお寄せ下さい。ニュースにも掲載させて戴きます。)
 
 
[[[[ ★4★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4.事務事項(理事会の開催)           office@j-sip.org

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 8月7日(木)・農工大での全国共同研究センター教官会議前に、産学連携学会
・理事会が東京で予定されています。この開催に際して会員の皆様から提案事項が
あれば、事務局宛てお寄せ戴きたいと思います。
 
 会則の整合化、NPO法人化への手続き、学術会議認定学会登録への準備、等の
懸案に加え、(研究)部会の立ち上げや支部・地域活動との連携、関係省庁との一
層の連携強化、産業界との共同事業、等々、着手すべき多くのことについてのご提
案を戴ければと思います。宜しくお願い申し上げます。
 なお、大会時に臨時総会を開催の方向で、調整・準備中です。
 
 
[[[[ ★5★ ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5.編集後記(第4号)              news@j-sip.org

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 今号も第一回大会の応募状況をお知らせしました。まだ様子を見ておられる会員
の方も多いのですが、先ずは発表側に回って大会を楽しみましょう。
でも始めは、聞くだけでも楽しめるはずです。先ずは秋の北海道へ。ビール園へ。
 未来事務局・考、如何でしたでしょうか?皆様のご提言をお待ちしております。

(会長 kaichou@j-sip.org 副会長 fukukai《以下は@j-sip.orgを省略します》
 学術委員会 gakujutsu 事業委員会 jigyou 総務委員会 soumu
事務局office 論文 ronbun 法務 houmu 教育 kyouiku 監事 kanji )
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●● 地域産学連携事業 ●●
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 各地での産学連携活動のお知らせ・報告等、ぜひお知らせ下さい。掲載します。
 
1)佐賀大学科学技術共同開発センター 産学官技術交流会
平成15年9月8日(月)14:00-18:00/武雄文化会館小ホール
テーマ:『新産業創出に向けた佐賀の新しい挑戦』 掲載URL:建設中
( http://kunimi.ip.is.saga-u.ac.jp/~terra/Rd2/index.html )
2)九州大学・ビジネススクール 開校式・講演会
平成15年8月1日(金)10:00-12:00/福岡国際会議場メインホール
「改革と挑戦」(C.ゴーン、日産自動車社長)
http://www.en.kyushu-u.ac.jp/BS/kbs/index.html
3)多摩大学・ルネッサンスセンター(渋谷マークシティ17階)
 社会連携講座「芸術工学入門」7/30〜8/6 (全無料/申し込み要)
 ( http://renaissance.tama.ac.jp/lecture/kid/index.html )

a)電気通信大学・共同研究センター 研究開発セミナー 第52回
平成15年7月23日(水)13:00-19:30/東5号館241室
『アントレプレナーシップの育成−体験型起業家教育』  《終了》
●ベンチャー学会共催・本会後援。若い人の参加が多くて驚きました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――